転居 手続き

転居に伴う各種手続き

引越しというものは、単に家を移るということだけでなく、住所変更に伴う様々な手続きが必要になっていきます。
これらを放っておくと、後になって様々な不便が生じたり受けられるはずの恩恵に与れなかったりするものですから、きちんと調べて早めに手続きしておくようにしましょう。

 

まず、旧住所のある市役所へ住所異動届を出しましょう。
転居の14日前から受付してもらえますから、そこで転出証明を受け取ります。
これは転居先での転入手続きに必要です。
転入届は新住所のある市役所で、転入後14日まで受け付けられます。

 

これら転出・転入届と平行してできるのは、印鑑登録です。
旧住所の市役所に印鑑登録証を返納し、新住所のある役所で新たに登録しなおす必要があります。
また国民健康保険に加入している人は、これも同時に済ませてしまいましょう。
保険証を市役所へ返納し、転居先の市役所で新たに発行してもらいます。
これも転入後14日以内となっています。

 

更に、国民年金や運転免許証、自動車の登録住所変更、銀行や各種保健に関しても住所変更の必要がありますから、忘れず手続きしてください。